【注目記事】大麻を日本で1番わかりやすく解説!【大麻初心者向け】

CBDオイルは合法なモノと違法なモノがある【日本の法律も解説】

CBD OIL
JAPANABIS > CBD OIL > CBDオイルは合法なモノと違法なモノがある【日本の法律も解説】
name
Tくん

最近話題のCBDオイルは合法なの?

name
Cちゃん

CBDオイルの中にも違法のものがあるって本当?

本記事では読者の上記のような疑問を解決していきます。

近年、大麻関連でもっともホットな商品である「CBDオイル」

様々な美容・健康効果が期待できるCBDオイルは、アメリカやスロベニアなどで人気に火がつき、その流れが日本にも。

特に、スキンケアなど美容に敏感な若い女性を中心にトレンドが広がっています。

しかし、CBDは大麻の主成分であるため

「CBDオイルは日本でも合法なの?それとも違法なの?」

と混乱する人も少なくないようです。

結論から言えば、CBDオイルは日本でも合法です。

しかし、中には違法なCBDオイルもあるので注意が必要です。

以下より詳しく見ていきます。

CBDオイルは日本でも合法な理由とは?

冒頭に書いた通り、CBDオイルは日本でも合法なため、安心して購入・使用できます。

しかし、「なぜ大麻から抽出される成分なのに違法ではないの?」と疑問に思う方も多いと思います。

そんな疑問をわかりやすく解説していきましょう。

CBDオイルが合法なのは違法成分THCが含まれていないから

その理由は、CBDオイルには『THC(テトラヒドロカンナビノール)』と呼ばれる違法成分がほとんど入っていないからです。

THCは「ハイになる」精神活性作用があり、日本では麻薬及び向精神薬取締法で『麻薬』に指定される違法成分。

日本に流通するCBDオイルは製造の段階で、このTHCを取り除いています。

非検出レベルにまでTHCを取り除くことで、日本でも合法な大麻関連商品として販売しています。

違法成分THCとの違いは「精神活性作用」と「副作用」

CBDもTHCも同じ大麻草から取れる成分のため、「CBDオイルも違法だ」と勘違いしてしまう人も多いです。

しかし、CBDはTHCとはまったく違う成分と言っても良いでしょう。

簡単に説明してしまうと、正反対の成分といったいいでしょう。

CBDがTHCと違うのは「精神活性作用がないこと」です。

CBDはいくら摂取しても、ハイになることはありません。

副作用の部分でも違いがあり、THCは脳に影響し精神疾患の発症リスクが高めるのに対して、CBDの摂取には重篤な副作用の報告は過去にありません。

参考:WHO[CANNABIDIOL(CBD )Pre-Review Peport]

参考:OXFORD ACADEMIC[BDNF overexpression prevents cognitive deficit elicited by adolescent cannabis exposure and host susceptibility interaction]

それでも心配という方は、実際に過去に報告されたCBDの副作用に関して以下の記事で紹介しているので、参考にしてみて下さい。

CBDはWHOも認める安全性の高い成分です

しかし、いくら合法とはいえ大麻草から取れる成分のため「CBDオイルの使用は本当に安全安心なの?」と不安に感じると思います。

CBDの安全性については、人間の健康に関わる国際機関の最高峰『WHO(世界保健機関)』が2017年11月に発表したレポートがもっとも信頼できるでしょう。

WHOは公式レポートで次のような見解を発表しています。

  • CBDには乱用または依存症の可能性を示唆する作用がない
  • CBDはてんかん治療に効果的
  • CBDは多くの病気に有用な治療薬になりうる初期の科学的エビデンスがある
  • 効果が切れたからといって怠さや疲労感がやってくることはない

WHOは実験で発見されたCBDの効果についても発表しています。

WHOが発表したCBDの効果・不安、ストレス、筋肉の緊張の緩和

・ガン細胞の増殖の抑制

・関節リウマチの発症原因であるTNF-αの分泌の抑制

・アルツハイマーの発症原因である神経炎症の抑制

・パーキンソン病の悪化原因である神経細胞損傷の働きの抑制

・他の治療薬では改善不可だった疼痛の痛みの軽減

参考:WHO[CANNABIDIOL(CBD) Critical Review Report] 

このように、CBDオイルの安全性はWHOも保証しているのでユーザーにとっては何よりも安心できますね。

基本的にCBDオイルは合法だが違法になる3つのケース

少し矛盾することは言いますが、CBDオイルでも違法になるケースがあります。

後述しますが、CBDオイルは必ず正規輸入代理店から購入するべきです。

そうしないと、次のようなケースで最悪逮捕される可能性があります。

THCが検出された場合は違法

世の中にはTHC濃度が高いCBDオイルも出回っているため注意が必要です。

もし検出可能レベルのTHC濃度が含まれるCBDオイルを所持していた場合、麻薬及び向精神薬取締法で逮捕されます。

このリスクを避ける唯一の方法は「信頼できる正規輸入代理店から購入すること」です。

THCが身体に与える影響に関しては以下の記事で詳しく紹介しているので、興味がある方はぜひご覧ください。

CBDが花穂、葉、根から抽出されている場合は違法

日本でCBDオイルを購入する際は「CBDが大麻草のどこの部分から抽出されたのか?」を必ず確認する必要があります。

なぜなら、日本は『大麻取締法』で大麻草の部分で合法か違法かを決めているからです。

  • 成熟した茎→合法○
  • 種子→合法○
  • 花穂→違法×
  • 葉→違法×
  • 根→違法×

より詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

つまり、大麻草の成熟した茎および種子からのみ抽出されたCBDオイルであれば合法。

花穂、葉、根から抽出されているCBDは違法ということです。

このようなリスクを回避するためにも、やはり信頼できる正規輸入代理店で買うのが一番です。

日本産など非正規品のCBDオイルは違法

大麻取締法により日本ではCBDオイルを製造することができません。

そのため、「日本産」と謳うCBDオイルは100%違法な商品になります。

購入しない方が身のためでしょう。

また、CBDオイルブームに乗っかる形で「非正規品のCBDオイル」もたくさん登場していますが、避けるべきでしょう。

非正規品のCBDオイルは、偽物、違法成分のTHC濃度が高いケース、不純物が多く含まれ健康を害するものもあるからです。

安いからといってフリマサイトなどで、個人から購入するのは非常にリスクが高い行為です。

信頼できる正規輸入代理店のポイント6つ

「CBDオイルは正規輸入代理店から買うこと」と何度も書いてきました。

なぜなら、同じCBDオイルでもTHC濃度やCBDを抽出した部分によっては法を破ってしまうケースがあるからでしたね。

ではどのようにして信頼できる正規輸入代理店かどうか見分ければいいでしょう?

ポイントは6つあります。

信頼できる正規輸入代理店

①正式な輸入許可を得ている

②成熟した茎および種子のみ使用していることを証明している

③大麻取締法、麻薬及び向精神薬取締法、薬事法、食品衛生法を守っている

④厚生労働省から認可を受けている

⑤販売実績が豊富

⑥購入者からのレビューを載せている

これら6つのポイントを満たしているCBDオイル販売業者は信頼できるので、CBDオイル購入の際に照らし合わせてみて下さい。

また、JAPANABIS独自で初心者にオススメのCBDオイルを紹介している記事がありますので、CBDオイルを試してみたいという方は是非一度以下の記事をご覧ください。

まとめ:CBDオイルは合法!しかし違法のケースもあるのでご注意を

CBDオイルは日本国内でも合法ですが、違法成分のTHC濃度が高い場合やCBDの抽出部位によって違法になるというのが結論です。

違法行為をしないためにも、CBDオイルは必ず正規輸入を行う代理店から購入することが大切です。

少しでも安く購入したいがために、フリマサイトなどで個人間で売買するのはリスクが高く、オススメできません。

CBDオイルは近年のトレンド商品のひとつですが、扱っているのは大麻の成分ということは忘れてはいけません。

CBDオイルに関してもっと知りたい場合は以下の記事もオススメです。

本記事が大麻を再考する機会になれば幸いです。

JAPANABIS編集部

JAPANABIS編集部

投稿一覧

JAPANABIS編集部です!大麻の知識、大麻の歴史、大麻の使用方法、世界の大麻情報を発信していきます。

AUTHOR