【注目記事】大麻を日本で1番わかりやすく解説!【大麻初心者向け】

大麻は「ダメ。ゼッタイ。」なもの?大麻取締法を徹底解析!

COLUMN
JAPANABIS > COLUMN > 大麻は「ダメ。ゼッタイ。」なもの?大麻取締法を徹底解析!
name
Tくん

「ダメ。ゼッタイ。」って国が言っているけれど大麻ってそんなに危険なの?

name
Cちゃん

大麻って元々日本にも自生しているし、縄文時代から使われている植物だよね?

本記事ではこのような疑問を解決します。

あなたは「大麻」が医療で使われることをご存知ですか?

日本では、大麻取締法により、大麻の栽培や所持、譲受、譲渡などが違反とされています。

加えて、医療による使用も全面的に規制されています。

その理由は、不正使用や乱用により健康被害が出ると言われているからです。

しかし、海外では大麻が合法の国もあるのです。

大麻は一言で「犯罪」と言えるのでしょうか。

日本でも、医療での活躍の可能性はないのでしょうか。

本記事では、大麻の様々な可能性について探っていきます。

大麻とは

「大麻」とは大麻草の花穂や葉およびその製品のことをさします。

成熟した茎および種子は規制される大麻には含まれません。

第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。
ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

(引用:大麻取締法

大麻は、大麻草の花穂や葉を乾燥・樹脂化したものを、タバコのように吸煙したり食品に混ぜて摂取したりします。

次章から

  • 大麻の成分
  • 大麻の呼び名

についてご説明していきます。

大麻の成分

大麻には、「カンナビノイド」という化合物群が含まれています。

この中の、

  • THC(テトラヒドロカンナビノール)
  • CBD(カンナビジオール)

がよく知られる主成分です。

大麻が問題と言われるのは精神作用です。

いわゆる「ハイ」な状態を引き起こすのは、THCが原因だと考えられています。

THCが脳内の「カンナビノイド受容体」に結合することで幻覚や精神錯乱が引き起こされます。

一方、CBDはTHCが結合するカンナビノイド受容体にはほとんど結合しないため、安全な素材成分であると言われています。

むしろCBDの健康効果が評価され、世界中で注目されています。

大麻の呼び名

大麻には、用途や社会的背景によって様々な呼び名があります。

「マリファナ」や「カンナビス」はご存知の方も多いのではないでしょうか。

ここでは以下の5つをご紹介します。

  • カンナビス
  • マリファナ
  • ハシシ
  • ヘンプ
  • ポット

カンナビス

カンナビスは大麻草のことをさします。

大麻草の学名「カンナビス・サティバ」や「カンナビス・インディカ」が語源。

マリファナ

マリファナは大麻のもっとも代表的な呼び方。

大麻草の葉や花穂を乾燥させたもので、主にタバコのように喫煙で使用されます。

また、食用としてクッキーやブラウニーとして使用されることもあります。

ハシシ

ハシシはハッシュ、ハシシュとも呼ばれ、葉や花穂を乾燥し、樹脂化したもの。

樹脂をブロック状にして、パイプや葉巻で使われます。

樹液を乾燥し凝縮しているので、大麻の中でももっともTHCの濃度が高いと言われています。

ヘンプ

ヘンプは、大麻草のうちTHCの含有量が少ない品種のことで、いわゆる大麻の精神作用はありません。

茎の繊維は衣料や建築材料、プラスチックの原料などとして使われます。

また、種子からはオイルがとれ、化粧品や燃料などとして、幅広く使われています。

ポット

大麻草の葉のことをさします。スペイン語のpotiguayaが語源とされています。

大麻について何が「合法」で何が「違法」なのか、より詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

大麻はなぜ違法なのか?

あなたは

「大麻はなぜ違法なのか?」と質問されてその質問に回答できますか?

きちんとした理由を答えるのは難しいですよね。

実は、大麻は第二次世界大戦前までは日本でも合法で、日本薬局方に収載されていました。

第二次世界大戦後、GHQによって日本国憲法は改正され、制定された大麻取締法がそのまま残っていると言われています。

次章から

  • 大麻を規制する「大麻取締法」
  • 大麻の乱用による身体への影響

について解説していきます。

大麻を規制する「大麻取締法」

大麻取締法では、大麻の所持・譲渡・譲受・栽培・輸出入を規定しています。

さらに、それらに対し刑罰も明記されています。

日本では、都道府県知事から免許を発行され、大麻取扱者でなければ大麻を取り扱うことはできません。

また、大麻から製造された医薬品は誰であっても処方、使用することは禁止されています。

以下、大麻取締法の抜粋です。

第三条 大麻取扱者でなければ大麻を所持し、栽培し、譲り受け、譲り渡し、又は研究のため使用してはならない。

第四条 何人も次に掲げる行為をしてはならない。
一 大麻を輸入し、又は輸出すること(大麻研究者が、厚生労働大臣の許可を受けて、大麻を輸入し、又は輸出する場合を除く。)。
二 大麻から製造された医薬品を施用し、又は施用のため交付すること。
三 大麻から製造された医薬品の施用を受けること。

第二十四条 大麻を、みだりに、栽培し、本邦若しくは外国に輸入し、又は本邦若しくは外国から輸出した者は、七年以下の懲役に処する。
2 営利の目的で前項の罪を犯した者は、十年以下の懲役に処し、又は情状により十年以下の懲役及び三百万円以下の罰金に処する。

第二十四条の二 大麻を、みだりに、所持し、譲り受け、又は譲り渡した者は、五年以下の懲役に処する。
2 営利の目的で前項の罪を犯した者は、七年以下の懲役に処し、又は情状により七年以下の懲役及び二百万円以下の罰金に処する。

(引用:大麻取締法

大麻の乱用による身体への影響

大麻が犯罪だと思われる理由は、大麻の「乱用」による身体への影響が主な原因ではないでしょうか。

大麻を乱用した際の短期的な影響では脳細胞への作用が代表的です。

大麻が脳細胞の細胞膜を傷つけることにより、脳障害、意識障害、記憶障害、幻覚・妄想などが起こると言われています。

長期的に大麻の乱用を続けていると、無気力、大麻精神病が引き起こされ、社会生活に適応できなくなると言われています。

また、脳細胞への影響だけでなく気管支炎や呼吸器官の炎症が起こる可能性があるとの報告もあります。

最近の大麻は、品種改良によりTHCの含有量が増えているものがあります。

また、より多幸感を得るために、覚醒剤や麻薬などの不純物が混ざったものも出回っています。

こういった大麻が出回ることで、大麻は危険な薬物だという考えが根強く残ってしまうと考えられます。

日本でも日常的に使われている大麻がある!?

大麻は、第二次世界大戦後、大麻取締法が制定されたことで規制されるようになったとお伝えしました。

日本の大麻産業の歴史について興味がある方は以下の記事をご覧ください。

ちょっと前までは日本にも大麻農家がたくさんいましたし、今でも大麻は身近なところで使われているのです。

それが、大麻として規制されていない「成熟した茎」と「種子」です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

成熟した茎

大麻草の成熟した茎からは、丈夫な繊維が採取できるんです。

そのため、昔から衣料品やロープとして使われています。

盗難や乱用を防ぐために、最近ではTHC濃度低い品種の開発もされています。

種子

大麻の種子は多くの人が食べたことがある、七味唐辛子に含まれているんです。

七味唐辛子の中に、比較的大きな白っぽい実が入っていますよね。

それが大麻の種子です。

大麻の種子には、規制対象である成分が含まれないので、七味唐辛子を食べて体に影響があることも薬理作用もありません。

大麻には「医療用大麻」がある

大麻が治療に使えるのをご存知ですか?

日本では、違法薬物のイメージが強いですが、海外では医療用として大麻由来の製剤が臨床現場で使われているんです。

例えば多発性硬化症(MS)の治療や、小児に多いてんかん発作(Dravet、LGS)に使われています。

ここでは、

  • 医療用大麻としての作用
  • 大麻合法化の種類
  • 大麻が合法化された国

について詳しく説明していきます。

医療用大麻としての作用

医療用大麻はCBDが主成分です。

  • 鎮痛作用
  • 眼圧降下
  • AIDS患者の食欲増進
  • がん化学療法時の吐き気抑制

などの効果があると言われています。

実際には、THCとCBDを主成分とした製剤で、多発性硬化症(MS)による中等度から重度の痙縮を有する成人患者の症状改善の治療薬に用いられています。

また、大麻由来の高純度CBD製剤で、難病指定されているてんかん発作(Dravet,LGS)の治療にも用いられます。

大麻合法化の種類

ひとことに「大麻の合法化」といっても、誰でも自由に大麻が使用できるわけではありません。

所持できる量や栽培できる数が規定され、登録が必要な国もあります。

また、「医療目的」としては大麻の利用が許されていても「嗜好目的」では合法化されていない国もあります。

まだまだ嗜好目的での大麻が合法化されている国は少ないですが、医療目的での大麻の合法化は急速に進んでいます。

医療用の大麻について興味がある方は以下の記事をご覧ください。

大麻が合法化された国

最近では、2018年10月17日、先進国では初めてカナダで嗜好目的の大麻が合法化されたことが話題となりました。

全国規模での合法化はウルグアイに続いて2カ国目です。

嗜好目的の大麻は、イギリスやオランダやスペインなどでもすでに合法化されています。

また、東アジアで初めて韓国で医療用大麻が合法化されたことも衝撃が走りました。

世界中でCBDの医療的な有益性が見直されています。

日本での医療用大麻合法化も考え直されるかもしれません。

まとめ:大麻は絶対ダメなもの?

大麻は、医薬品としての効果も期待できるのです。

病気で苦しむ患者さんの治療ができたり、生活の質が改善したりといった可能性があります。

大麻を「乱用」すると、健康被害が認められますが、大麻を正しく使えば人の命を救うことに繋がります。

「大麻は絶対ダメ」と言い切ってしまっていいのでしょうか?

そうして思考停止している方がよっぽど危険だと思います。

本記事が大麻を再考する機会になれば幸いです。

JAPANABIS編集部

JAPANABIS編集部

投稿一覧

JAPANABIS編集部です!大麻の知識、大麻の歴史、大麻の使用方法、世界の大麻情報を発信していきます。

AUTHOR