【注目記事】大麻を日本で1番わかりやすく解説!【大麻初心者向け】

【エディブル】大麻は食べる時代?話題の大麻入り食品とは?

COLUMN
JAPANABIS > COLUMN > 【エディブル】大麻は食べる時代?話題の大麻入り食品とは?
name
Tくん

大麻って食べられるの?

name
Cちゃん

大麻を混ぜたお菓子が売られてるってホント?

本記事ではこのような疑問を解決します。

大麻というと、一般的にはパイプジョイント(巻きタバコ)などに詰めて喫煙する方法が知られています。

慣れていない人が、実際に大麻の煙を吸うと咳き込むことが多いです。

また、大麻には独特の匂いがあるので苦手な方もいるかもしれません。

しかし、最近では世界的に進む大麻合法化のブームも後押しして、食べることで大麻を摂取できる大麻入り食品、通称「エディブル」が注目されています。

実は、大麻はグミやチョコレートなどの様々なお菓子に混ぜることが可能で、食べるだけで大麻の効果を得られるので、喫煙が苦手な方にもオススメです。

日本でも合法で食べられるものもあります。

本記事では、大麻の新しい楽しみ方として定着しつつある大麻入り食品について解説していきます。

大麻を「食べる」時代へ

近年、大麻を合法化する国が世界中で増えるにつれて、かつては麻薬として見なされていた大麻が、より健康的でクリーンな植物として定着しつつあります。

こうした大麻ブームの影響もあり、米国などの嗜好用大麻が合法化された国では大麻は一つの市場を形成しつつあり、大麻関連のブランドや企業などが次々と誕生しています。

そして、こうした大麻製品の中でも特に注目を集めているのが大麻入り食品で、食べるだけでハイになるという手軽さから多くのユーザーを得ています。

大麻は「吸うもの」から「食べるもの」へ

冒頭でも延べましたが、大麻は煙を吸引して摂取する方法が最もポピュラーで、ジョイントやパイプ、ボング(水パイプ)などを使うのが一般的です。

しかし、こうした方法は大麻が違法だった時代から広く定着していたこともあり、大麻が合法な国や州でもお世辞にもイメージが良いとは言えない、という難点があります。

また、大麻には強い匂いがあるので部屋の中で吸うと匂いが染みつきやすく、そのためタバコと同様に吸える場所が限られています。

この点、大麻入り食品は食べるだけで済むので、外見的なイメージも良く、また匂いも殆どしないので、大麻の匂いが苦手な人にもオススメです。

こうした大麻入り食品は、主にクッキーやチョコレート、グミなどのお菓子として販売されており、見た目は普通のお菓子と殆ど同じです。

エディブル(大麻入り食品)とは

実は、大麻入り食品には非常に長い歴史があります。

インドでは数千年も前から大麻を食事や飲料などに取り入れており、サンスクリット語で書かれた古代のレシピでは大麻を用いた調理方法を解説しています。

こうした大麻入り食品は、現在では「大麻エディブル(Cannabis edibles)」と呼ばれており、米国などの大麻合法国では様々な種類のエディブルが発売されています。

米国では、大麻は通常「ディスペンサリー(大麻専用薬局)」で売られていますが、様々な品種のバッズ(大麻のつぼみ)と共に様々なエディブル製品が店頭に並んでいます。

大麻入りのクッキーやグミなど、どれもがクールで可愛らしいパッケージで包装されており、日本で報道される「大麻=危険薬物」というネガティブなイメージからは程遠いのが印象的です。

合法国で広まるエディブル

大麻先進国である米国では、現時点で首都ワシントンD.C.を含む計11州が嗜好用大麻を解禁しており、先日2020年1月1日にはイリノイ州が新たに嗜好用大麻を解禁して話題になりました。

同国では現在も大麻が違法な州もありますが、国全体で大麻に対するイメージが急速に変わりつつあり、そのため大麻入り食品の売り上げも急速に増加しています。

大麻ビジネスに特化した投資グループであるArcView Groupによると、大麻入り食品の売り上げは2021年までに約21億6,000万ドル(約2,300億円)に達すると予測しており、大麻市場の可能性が垣間見えます。

また、大麻入り食品を試した多くの人がレビュー動画などをYouTubeなどに投稿したり、もしくは自宅で大麻入り食品を作ってみたりなど、大麻入り食品は合法国で徐々に定着しつつあります。

日本では違法(一部合法)

大麻入り食品は基本的に「THC(テトラヒドロカンナビノール)」という大麻由来の成分が含まれており、このTHCは摂取した人をハイにさせる作用があります。

THCは主に大麻草のバッズや葉の部分から抽出されますが、日本で大麻を規制する法律「大麻取締法」では、大麻草のバッズと葉の部分を規制しています。

このため、大麻入り食品には大麻草の違法部分が含まれていることになるので、例えば大麻入りクッキーなどを所持している場合でも、大麻の違法所持と同様に扱われます。

しかし、THCと同じカンナビノイドのうち、カンナビジオール(略称CBD)を含む大麻入りチョコレートは日本でも一部合法的に所持することができます。

所持が認められているのは、大麻の茎や種子の部分から抽出したCBDのみです。

そのほかの部位から抽出されたCBDを含む大麻入りチョコレートなどの製品は、所持することができません。

また、大麻の茎や種子の部分から抽出したCBDを含むものであっても、THCを含むものであれば当然所持は違法なので注意しましょう。

様々な大麻入り食品

ここまで、大麻入り食品の概略をお伝えしてきましたが、実際に米国などの合法地域では様々なバリエーションの大麻入り食品が売られています。

下記では、実際に販売されている様々な大麻入り食品の例を見つつ、その種類の豊富さと、それぞれの特徴についてお伝えします。

クッキー

大麻入り食品の中でも最も代表的なのが、大麻入りクッキーです。

米国などでは一袋20ドル(約2,000円)程度で売られています。

見た目は普通のクッキーで、食べても大麻の味は殆どしません。

香りも少しだけ大麻の匂いがしますが、少し嗅いだだけでは殆ど分かりません。

チョコレート

また、大麻入り食品ではチョコレートもポピュラーで、価格は一枚20ドル程度です。

大麻由来の成分であるTHCは油に溶けやすい性質があり、そのため大麻はクッキーやチョコレートなどの脂分を多く含む食品と相性がいいという特徴があります。

大麻入りチョコレートも見た目や味が普通のチョコレートと全く同じで、知らずに食べると大麻入り食品だと殆ど気づかない程です。

そのため、大麻入りとは知らずにうっかり大量に食べた子供や人などが体調不良を訴えることがあり、嗜好用大麻が合法なコロラド州では、大麻入り食品の過剰摂取で通報・搬送されるケースが多々あるといいます。

こうした大麻入り食品にはTHC含有量が非常に高いものもあり、人によっては大麻入りチョコレートを1枚食べただけで吐き気や眩暈などの所謂「バッドトリップ」に陥ることがあるので、注意が必要です。

大麻入りチョコレートに関しては以下の記事も併せてご覧ください。

グミ

そして、大麻入りのグミも発売されており、価格は15ドル(約1,600円)程度です。

こちらも合法地域では誰でも買うことが可能で、こうした大麻菓子は米国以外でも、例えばオーストラリアなどの嗜好用大麻が合法な地域では一般的に売られています。

大麻入りグミも見た目は普通のグミと同じで、かすかに大麻の匂いと味が感じられる程度です。

パッケージには大麻入りであることと、THC含有量を記載しているのが特徴です。

こうした大麻入り食品は、食べる人の体質にもよりますが、通常30分ぐらいで効果が出始めます。

大麻特有のリラックス感や、気分が高揚するなどの効果があります。

キャンディ

この他、大麻入りのキャンディも一般的で、価格も1本5ドル(約500円)と普通のキャンディより少し高い程度です。

大麻入りキャンディにも様々な種類があり、ストロベリーやラズベリー、スイカなどの様々なフレイバーがあり、食べても大麻を摂取している感覚が殆どありません。

一般的に、こうした大麻入り食品のパッケージは、子供が間違えて食べないように厳重に包装してあり、ハサミを使わないと簡単に開けられないようになっています。

日本でも合法で購入できる大麻食品

CBD配合ターメリック+スピルリナグミ – 60個入り

大麻入り食品の長所・短所

このように、大麻入り食品と一口に言ってもクッキーからキャンディまで多種多様で、この他にもブラウニーやケーキ、マシュマロなどもあります。

こうした大麻入り食品で大麻を摂取するメリットは何か、以下でご説明します。

摂取がお手軽

大麻入り食品の長所として、まず第一に手軽さが挙げられます。

ジョイントやパイプで喫煙するほうが大麻を効果的に摂取できますが、喫煙は手間がかかるという難点があります。

まず、バッズを細かく砕く(=グラインドする)必要があり、またジョイントの場合は熟練者でないと上手く巻けないでしょう。

この点、大麻入り食品は食べるだけで済むので、喫煙が苦手な人や準備が面倒に感じる人でも簡単に大麻を摂取できます。

場所を選ばない

また、冒頭でも触れましたが、大麻を喫煙するには場所が限られます。

合法地域でも大麻を人前で堂々と吸っていい訳ではなく、大麻に対してあまり良いイメージを持たない人もいれば、子供の前で吸うのは控えるべきという風潮があります。

しかし、大麻入り食品であれば喫煙行為が必要ないので、いつでもどこでも食べることが可能で、大麻の効果を得られます。

匂いがしない

そして、大麻を喫煙する際の最大の難点が、匂いでしょう。

大麻には独特の匂いがあり、部屋の中などで喫煙すると匂いが部屋や服などに染みついてしまいます。

このため、大麻の匂いが苦手で吸わない方や、匂いが原因で大麻を良く思わない方にとって、大麻入り食品はうってつけと言えます。

効果が出るまでに時間がかかる

しかし、大麻入り食品にも難点はあり、その一つに効果が出るまでに時間がかかる点が挙げられます。

大麻を食べて摂取する方法は「経口摂取」と呼びますが、経口摂取は消化プロセスを経るため、肺から直接THCを吸収する喫煙よりも時間がかかります。

大麻入り食品の場合、効果が出るまでに30分~1時間ほどかかります。

食べ過ぎてしまう(過剰摂取)

また、大麻入り食品で最も危ないのが、効果が出ないと思って食べ過ぎることです。

近年発売されている大麻入り食品には高濃度のTHCが含まれていることもあり、食べ過ぎるといきなり強烈なハイ状態になることがあるので、慣れないうちは慎重に扱う必要があります。

まとめ:大麻入り食品で大麻がより身近に

近年、大麻がより身近で安全なものというイメージが根付きつつあります。

それによって、大麻を用いた様々な大麻入り食品が発売されており、クッキーやキャンディなどのお菓子として手軽に大麻を摂取できるようになりました。

大麻入り食品は食べるだけで済むので、喫煙による匂いや場所が限られる等の問題もなく、手軽に摂取できるというメリットがあります。

しかし、大麻入り食品には大麻を摂取している感覚が殆ど無いため、つい食べ過ぎて過剰摂取になるリスクがあります。

このため、食べる前にはきちんと事前知識を得ておくべきでしょう。

本記事が大麻を再考する機会になれば幸いです。

JAPANABIS編集部

JAPANABIS編集部

投稿一覧

JAPANABIS編集部です!大麻の知識、大麻の歴史、大麻の使用方法、世界の大麻情報を発信していきます。

AUTHOR