【注目記事】大麻を日本で1番わかりやすく解説!【大麻初心者向け】

大麻は体にいい?大麻が健康にもたらす様々なメリット

COLUMN
JAPANABIS > COLUMN > 大麻は体にいい?大麻が健康にもたらす様々なメリット
name
Tくん

日本では大麻は麻薬と言われてるけど、健康にいい面もあるの?

name
Cちゃん

日本でも縄文時代から大麻は使われているって聞いたことある。

本記事ではこのような疑問を解決していきます。

大麻というと、一般的には「ダメ、ゼッタイ」というネガティブな印象があります。

知っての通り、日本では大麻が違法薬物として規制されており、大麻は身体にも精神にも極めて悪いものとして喧伝されています。

しかし、海外に目を向けてみると、アジアを含む世界各国で医療大麻が合法化されており、幾つかの国では大麻を嗜好品として解禁しています。

日本と海外とでは、およそ真逆のイメージで捉えられている大麻は、果たして良いものなのか、それとも悪いものなのか?

今回は、様々な科学的根拠を参照しつつ、大麻が人間の心身にもたらす良い影響、そして悪影響についても考察していきます。

大麻は良いもの?悪いもの?

殆どの国では、ごく最近まで大麻を違法薬物として扱ってきた歴史があり、大麻の所持や使用が発覚すれば日本と同様に検挙の対象になっていました。

しかし、米国や欧州では大麻以外にも、コカインやヘロインなどのハードドラッグのまん延率が、日本よりも遥かに高いという事情があります。

そのため、こうした国々では比較的安全性の高い大麻を解禁して、ハードドラッグに手を出す人の数を減らそう、という目論みがあります。

合法的に大麻を解禁するには、その安全性を証明するための科学的な根拠が必要です。

その際に役立つのが、これまで様々な研究機関が行ってきた大麻に関する研究です。

大麻の依存性や、脳に与える影響などを調査した様々な研究結果から読み取れるのは、大麻は全くの無害ではないものの、安全性はタバコやアルコールよりも高い、という客観的事実です。

大麻は麻薬なのか?

大麻をドラッグとして見なすのは、実は間違いではありません。

ドラッグとは基本的に向精神作用のある物質を指し、その意味ではニコチンやアルコール、カフェインなどの合法物質もドラッグに分類されます。

こうした日本でも合法的に販売されているドラッグは、合法だから安全とは限りません。

お酒は飲み過ぎれば心身に不調をきたし、タバコも肺疾患などの病気の原因になります。

こうした点を踏まえて大麻の危険性を考える際、よく判断基準として持ち出されるのが「大麻は、タバコやアルコールと比べて危険なのか」という議論です。

国際NGO団体の世界薬物政策委員会(GCDP)は、2019年に発表した「向精神物質の分類:科学が置き去りにされた時」という報告書で、この点に触れています。

曰く、タバコやアルコールの害は大麻の害よりも大きいと指摘しており、アルコールは交通事故や暴力の原因になり、タバコは受動喫煙などで周囲の人間にも害を及ぼす、と述べています。

大麻を吸うと病気になる?

日本でよく取り沙汰される大麻の危険性として、大麻を吸うと精神病になるという風聞があります。

大麻の使用はうつ病や妄想、パニック障害などの様々な症状を引き起こすと公的機関などは主張しており、こうした症状を大麻精神病と呼んでいます。

しかし、実際のところ大麻精神病という疾患の存在を確定する疾患単位は存在せず、大麻精神病は仮説上の病気とされています。

また、大麻精神病の症状を定義する基準も明確に決まってはおらず、上記で述べた症状の数々が、実際に大麻と関連性があるか確かめるのも困難と言われています。

勿論、大麻を吸った際に気分が悪くなったり、ネガティブな妄想に駆られることはあり、こうした状態はバッドトリップと呼びます。

しかし、バッドトリップは基本的に数時間で収まるため、合法国で安全に栽培された大麻を吸って、後遺症になる様な悪影響を受ける可能性は限りなく低いでしょう。

大麻を吸うと知能が下がる?

また、大麻を吸うと思考力や学習能力が下がるという主張がありますが、これはある程度は正しいと言えます。

大麻と言えども100%安全ではなく、長期間にわたって大量の大麻を乱用すると、アルコールの過剰摂取と同じで様々な悪影響があります。

米国のデューク大学が行った研究では、10代から数十年に渡って大麻を常用した人は、IQ(知能指数)が平均で約8ポイント下がるという結果が出ています。

ただし、成人してから大麻を吸い始めた場合は知能の低下は見られないとのことで、また同研究では被験者が大麻を使用する量や回数は検討していないとのことです。

この他、世界保健機構(WHO)が1997年に発表した「大麻:健康上の観点と研究課題」という報告では、大麻の悪影響は数日間使用をやめれば回復すると述べています。

大麻には依存性がある?

大麻の危険性に関して、最も話題になりやすいのはその依存性でしょう。

依存性に関しては複数の研究が行われていますが、大麻の依存性を否定するもの、肯定するものと研究によって結果が異なります。

例えば、全米科学アカデミー医学研究所が1999年に行った「大麻と薬物:科学的根拠の評価」という調査では、被験者のうち大麻、タバコ、アルコール、コカインやヘロインを常用する人の割合と、それらに依存する人の割合を調査しました。

それによると、被験者のうちタバコを常用する人の割合は76%、うち依存者は32%です。アルコール常用者は92%、うち依存者は15%。そして大麻常用者は46%、うち依存者は9%と最も低い数値です。

しかし、2016年に米国国立薬害研究所が約3万5,000人を対象とした調査では、嗜好・医療目的問わず大麻使用経験がある人は何らかの依存症になりやすいと結論しています。

大麻を経験した人は、使用経験のない人と比べた際、調査から3年以内に大麻に依存するリスクが9.5倍、アルコールは2.7倍、タバコは1.7倍であり、大麻が他のドラッグ依存につながるリスクを指摘しています。

日本での大麻に対する誤解

これらの研究結果からは、大麻が必ずしも安全とは言い切れないものの、日本で一般的に言われている大麻の危険性が誇張・誤解されがちであることが分かります。

また、大麻の依存性は否定できませんが、そもそも依存には身体的依存精神的依存の2種類があり、大麻をどちらの観点で見るかで答えが変わります。

大麻の依存性について詳しく知りたい方は、下記の記事を参照ください。

それでも、こうした大麻に関して正確な理解を深めていくことは、現在世界中で加速している大麻合法化の潮流を理解するにあたって極めて重要なことです。

大麻の様々なメリットが明らかに

大麻は、もっぱらその危険性のみが先行して話題になりがちで、大麻が持つポジティブな側面は日本で殆ど公に語られていません。

実際、大麻はがんやアルツハイマー、様々な精神疾患など数多くの病気に対して治癒効果があると言われており、このため大麻が画期的な治療薬として注目されています。

以下では、大麻が持つ医療効果、大麻がどうして病気に効くのかについて、詳しく見ていきます。

海外で進む大麻研究

大麻は長らく多くの国で違法だったため、大麻に関する研究事例は多くありません。

そのため、特に大麻が持つ医療効果は大麻研究の中でも最もホットな分野です。

医療大麻の合法化は近年アジアでも起きており、2019年には韓国とタイが合法化しています。

特にタイは同国のランシット(Rangsit)大学に医療大麻の研究機関を開設するなど、医療大麻を重要視する国の一つです。

大麻産業の市場調査を専門にするProhibition Partnersによると、医療大麻の市場はアジア地域のみで2024年までに58億ドル(約6,400億円)規模になると予測しています。

また、大麻研究で欠かせないのがイスラエルで、同国には極めて長い大麻研究の歴史があり、1963年から着手しています。

特に、イスラエル出身で大麻研究の父とも呼ばれるラファエル・ミシューラム博士は、大麻の有効成分であるTHCCBDや、下記で説明するエンドカンナビノイドシステムを発見するなど、大麻産業の発展に礎を築いた人物です。

医療目的で活用進む大麻

大麻合法化というと嗜好用大麻というイメージがありますが、医療目的で合法化する国のほうが遥かに多いのが特徴です。

ドラッグの規制が特に厳しいアジアでは、嗜好目的としての大麻は規制しつつ、医療大麻のみを認可するケースが多いことからも、大麻が医療にもたらす効果の大きさが伺えます。

現時点(2020年1月)で医療大麻を合法化した国は合計で23ヵ国あり、北米、南米、オセアニア、欧州、アジア、中東とほぼ全地域が含まれます。(嗜好用大麻は6ヵ国)

米国のように、州によって医療大麻が認可・不認可の違いがあるケースもありますが、同国でも全50州のうち33州と、半数以上の州が医療大麻を導入しています。

大麻の様々な病気への効用

日本で大麻合法化を推進する人達が、大麻を肯定する理由として第一に挙げるのが、その医療効果の大きさです。

大麻は数多くの病気に対して作用し、一説では250種類以上もの症状を治癒・緩和すると言われています。

具体的には、糖尿病や精神疾患、炎症、がん、吐き気や嘔吐の緩和、皮膚病、様々な痛み、不眠症などが挙げられます。

どうして、大麻はこれほど沢山の病気に効くのか?

実は、人間の生存には大麻に含まれる成分と同じものが深く関わっているからです。

どうして大麻は様々な病気に効果がある?

大麻には100種類以上もの天然成分が含まれており、それらはカンナビノイドという総称で呼ばれています。

実は、人体の様々な器官にはカンナビノイド受容体が存在し、脳、肺、腸、肝臓、心臓、腎臓、膵臓、生殖器官に至るまで全身に分布しています。

カンナビノイド受容体にはCB1CB2の二種類があり、これらの受容体に作用するために、人間の身体にはカンナビノイドを体内で生産する機能が備わっています。

体内で作られるカンナビノイドを内因性カンナビノイド、またはエンドカンナビノイド(Endocannabinoid)と呼び、神経伝達物質のアナンダマイド(Anandamide)2-AGが内因性カンナビノイドとして挙げられます。

これらの内因性カンナビノイドがCB1、CB2受容体に作用することで、人間の記憶や認知、痛みや免疫、感情、運動機能などの様々な身体機能に影響します。

そして、これら内因性カンナビノイドと全身のカンナビノイド受容体によって成り立つ身体調節機能をエンドカンナビノイドシステムと呼びます。

エンドカンナビノイドシステムの不調は様々な病気の原因になり、ゆえに大麻に含まれるTHCやCBDなどの外因性カンナビノイドを摂取すると、体内のカンナビノイド受容体が刺激・活性化されます。

上記で述べたような多くの病気はエンドカンナビノイドシステムと関連しており、大麻が様々な病気に効果があるのはこのためです。

大麻が健康にもたらす影響

このように、現在では大麻が人体にもたらす影響やメカニズムの解明が進み、大麻に対して抱いていた麻薬というイメージが急速に変わりつつあります。

こうした根拠があるからこそ、世界中で医療大麻が合法化されている訳ですが、大麻は適切に使えば健常者にも様々な良い影響があると言われています。

ストレス緩和

主要カンナビノイドのTHCとCBDの作用に、リラックス効果が挙げられます。

大麻を吸うと、緊張した身体や精神が弛緩して、疲れや悩み、ネガティブな気分が和らぎます。そのためストレス緩和や気分転換には最適です。

日本ではTHCを含む大麻のバッズ(=つぼみ)は禁止されていますが、CBDを含む大麻草の茎は規制対象外としています。

このため、日本でもCBDを含んだオイルなどの様々なサプリメントが販売されており、CBDが持つリラックス効果や安眠効果、また疲労回復などのメリットを享受できます。

夜ぐっすり眠れる

そして、身体に作用するインディカ系の大麻であれば、睡眠時に効果を発揮します。

インディカ系の大麻は身体が動かなくなる程のリラックス感をもたらし、このため大麻を吸って石のように動かなくなる状態をスラングでストーン(Stoned)と言う程です。

このストーン状態のまま寝ると寝つきが非常に良くなり、また眠りが深く、ぐっすり寝て気持ち良く目覚めます。

大麻にはインディカ系やサティバ系などの種類があり、以下の記事で詳しく解説しています。

感覚が刺激される

また、THCには五感を鋭敏にする作用があります。

このため、大麻を吸って音楽を聴くと普段以上にサウンドがクリアに聴こえたり、映画を見ると映像に没入して、時に2Dの映像が立体的に見えることがあります。

他にも、大麻には味覚や空腹感を刺激する作用(=マンチー)があるので、食べる行為がより楽しくなり、また食欲不振の解消にも役立ちます。

まとめ:正しく使えば大麻は体にいい

日本では、大麻が現在も違法薬物として指定されているため、大麻というと麻薬というイメージが定着しています。

このため、海外で進む大麻合法化について日本のメディアが取り上げる機会が少なく、また大麻が医療にもたらす大きな可能性も余り知られていません。

しかし、人間の身体はその構造上、大麻に含まれる成分によって免疫機能を回復しやすく、このため大麻は数多くの病気を治癒することが科学的に知られています。

この他、大麻の歴史や大麻全般について知りたい方は、以下のページをご覧ください。

本記事が大麻を再考する機会になれば幸いです。

JAPANABIS編集部

JAPANABIS編集部

投稿一覧

JAPANABIS編集部です!大麻の知識、大麻の歴史、大麻の使用方法、世界の大麻情報を発信していきます。

AUTHOR