【注目記事】大麻を日本で1番わかりやすく解説!【大麻初心者向け】

ヘンププロテインの驚き効果5つ【日本人に必要なわけ】

HEMP
JAPANABIS > HEMP > ヘンププロテインの驚き効果5つ【日本人に必要なわけ】
name
Tくん

最近話題のヘンププロテインってなに?

name
Cちゃん

ヘンププロテインにはどのような効果が期待できるの?

本記事ではこのような疑問を解決します。

良質なタンパク質を簡単に摂取できるプロテイン。

フィットネスブームもあり、近年はたくさんのプロテインが市販されています。

その中でも近年大きな注目を集めるのが「ヘンププロテイン」です。

ヘンププロテインは“ヘンプ”という言葉からも分かるように「大麻からつくれたプロテイン」であり、その効果からアメリカなど海外を中心に人気が急上昇。

健康志向の方なら、必ず知っておきたい商品です。

本記事ではヘンププロテインについての基本情報をご紹介し、「ヘンププロテインの驚きの5つの効果」についてわかりやすく解説していきます。

そもそもヘンププロテインとは何?

ヘンププロテインは大麻(ヘンプ)の実をすりつぶしてパウダー状にしたもの。

大麻と聞くとドキッとする方もいると思いますが、大麻の実は市販の七味唐辛子にも含まれる健康食品です。

もちろん、ヘンププロテインには「ハイ」になるような精神活性作用は含まれていないため安心して使うことができます。

しかし、なぜ大麻の実がプロテインになるのでしょうか?

実は、大麻の実にはタンパク質、ミネラル、ビタミンそして食物繊維などの豊富な栄養素が含まれているんです。

ヘンププロテインに含まれる栄養素は以下の通りです。

  • タンパク質
  • 食物繊維
  • ミネラル(マグネシウム、亜鉛、銅、鉄など)
  • ビタミン(B1、B2、B6、E、ナイアシン)
  • 必須アミノ酸(パリン、ロイシン、イソロイシン、メチオニンなど)
  • 非必須アミノ酸(システイン、アルギニンなど)

上記の栄養素はどれも健康に欠かせない栄養素であり、それらの大切な栄養素を手軽に摂取できる点がヘンププロテインの人気の理由です。

ヘンププロテインの5つの効果

ヘンププロテインに豊富な栄養素が含まれていることはわかりましたが、もっとも気になるのは「実際にヘンププロテインにはどのような効果が期待できるの?」という点。

さっそく、ヘンププロテインの効果について知っていきましょう。

ヘンププロテインの効果①健康で元気なカラダづくりをサポート

ヘンププロテインの効果としてまず挙げられるのが「健康で元気なカラダづくり」のサポートです。

カラダづくりにはタンパク質、必須アミノ酸そしてミネラルが欠かせません。

とくにタンパク質は筋肉の維持や向上はもちろん、骨の強化、肌質や髪質の改善、疲れ知らずのカラダのためにも非常に大切になります。

ヘンププロテイン100gあたりのタンパク質の含有量はなんと牛肉、魚や卵より高いんです。

タンパク質は「カラダを構成する栄養素」を呼ばれ、カラダを動かすエネルギーそのもの。

元気で力強いカラダは、良質なタンパク質を摂取することから始まります。

ヘンププロテインは筋力トレーニングやスポーツなどをしている方はもちろん、子供からご年配の方までオススメできます。

参考:からだシフト[vol.2からだシフトのタンパク質シリーズ]

ヘンププロテインの効果②ダイエット効果

「食後すぐお腹がすく」や「いつも食べ過ぎてしまう」という悩みにもヘンププロテインは有効です。

ヘンププロテインに含まれる食物繊維は「水溶性食物繊維」と言われ、摂取してからゆっくりなスピードで消化されるため、お腹が空きにくくなり、食べ過ぎ防止に効果的。

ダイエットしたい方には強い味方です。

また、水溶性食物繊維は、食後の血糖値の急激な上昇を抑える特性もあるため、食事の後に摂取することで食後直後のだるさや眠気を感じにくくなります。

水溶性食物繊維は糖尿病の予防にも効果的と言われています。

参考:国立循環器研究センター[循環器病の食事両方]

参考:糖尿病ネットワーク[食物繊維が心臓病や脳卒中を防ぐ 1日20グラム以上が目標]

ヘンププロテインの効果③腸内環境の改善

ヘンププロテインには以下2つの食物繊維が含まれており、両方の食物繊維がお互いに作用することによって腸内環境を改善します。

  • 水溶性食物繊維:便を柔らかくする効果がある
  • 不活性食物繊維:便の量を増やして腸を活性化させる効果がある

参考:ベオフェルミン製薬[腸内フローラを整える方法!腸活!]

大麻の実100gに含まれる食物繊維の量はプルーン30粒に相当すると言われています。

人類が大麻の実の腸内環境改善力を知ったのは、今からはるか昔の古代中国。

古代中国の人々は大麻を「便秘薬」として使っていました。

このことに関しては以下の記事で詳しく解説しています。

ヘンププロテインの効果④デトックス効果

ヘンププロテインには「デトックス効果」も期待できます。

デトックス効果とは「体内に溜まった有害物質を排出する効果」のことを言います。

人類は産業革命や農業技術の発展により、食糧難を逃れてきた一方、農薬、環境ホルモン、環境汚染が原因で、様々な有害物質が含まれた食べ物を口にしています。

一般的に、体内に溜まりやすい有害物質には次のようなものがあります。

体内に溜まりやすい有害物質

ヒ素

水銀

アルミニウム

カドミウム

上記のような有害物質はカラダにマイナスでしかなく、有害物質が原因で病気や症状に悩む現代人も非常に多いと言われています。

体内に溜まった有害物質を取り除く方法として有効なのが、含硫アミノ酸である「メチオニン」と「システイン」を摂取すること。

メチオニンとシステインは体内の有害物質を体外へ排出する作用があるからです。

ヘンププロテインにはメチオニンとシステインが豊富に含まれているため、デトックス効果が期待できるのです。

参考:kyoto-chiropractic.com[第18回杏林二十一の会研究会参加レポートテーマ「含硫アミノ酸と解毒]

ヘンププロテインの効果⑤美肌効果

ヘンププロテインの豊富なタンパク質でカラダを強化し、食物繊維で腸内環境を改善、メチオニンとシステインで有害物質を体外に排出することにより、結果的に肌質の改善などの美容効果が期待できます。

ヘンプは肌に良いとされ、乾燥肌用に開発されたヘンプシードオイルなども販売されているんです。

実際に、美容に敏感な若い女性を中心に日本でも人気がじわじわと出てきている印象を感じます。

ヘンププロテインはヘンプの美肌効果が期待できるだけではなく、カラダの内側から綺麗になることができます。

動物性プロテインに比べてヘンププロテインは健康的

プロテインには「動物性プロテイン」と「植物性プロテイン」の2種類があります。

  • 動物性プロテイン:牛乳由来のプロテイン
  • 植物性プロテイン:植物由来のプロテイン

植物性プロテインであるヘンププロテインは、動物性プロテインに比べて健康的と言われています。

その大きな理由は心臓の健康に有益な「不飽和脂肪酸」と「食物繊維」が含まれているからです。

不飽和脂肪酸は血中のコレステロールを減少させる作用があり、長期的に見れば心筋梗塞の予防になることが分かっています。

食物繊維にも同様の効果があり、心臓病の予防に有効とされています。

単純にタンパク質の含有量だけみれば、動物性プロテインの方が優秀ですが、栄養のバランスそして心臓の健康を考えると、ヘンププロテインがオススメです。

参考:Ergogenics Nutrition[HEMP Protein VS. WHEY Protein]

まとめ:ヘンププロテインの効果は現代の日本人に必要なものばかり

「ヘンププロテインは現代人に必須!」

と言ってもいいくらい、現代の日本人にとって、ヘンププロテインの効果は無視できないものばかりです。

特に欧米に比べて、日本人は炭水化物の摂取量が多く、タンパク質の摂取量が低いと言われているため、ヘンププロテインでタンパク質を摂取するのは非常に有効だと思います。

食の欧米化により大豆、野菜や海藻類など食物繊維を含んだ食品を食べなくなったことで、腸内環境悪化や肥満に悩む人も増えています。

日本の農業の主流もいまだ有機栽培ではなく農薬栽栽培のため、日本人は気づかないうちにカラダに有害物質を溜め込んでいます。

このように考えると、ヘンププロテインは現代に生きる日本人に必要なモノと言っても過言ではないと言えるでしょう。

ヘンプについてもっと知りたい方には以下の記事がオススメです。

本記事が大麻を再考する機会になれば幸いです。

JAPANABIS編集部

JAPANABIS編集部

投稿一覧

JAPANABIS編集部です!大麻の知識、大麻の歴史、大麻の使用方法、世界の大麻情報を発信していきます。

AUTHOR