【注目記事】大麻を日本で1番わかりやすく解説!【大麻初心者向け】

大麻の種を海外から買ったり、持ってきたり、食べても大丈夫?

COLUMN
JAPANABIS > COLUMN > 大麻の種を海外から買ったり、持ってきたり、食べても大丈夫?
name
Tくん

大麻の種は合法って聞いたけど本当かな?

name
Cちゃん

でも、種だけあっても仕方ないよね?

大麻の種だけなら違法ではないという話が聞かれる一方で、大麻の種を売って逮捕されたなどというニュースも目にします。

そのものが効くというわけではない大麻の種の法的な位置付けはどうなっているのでしょうか?

種といえども大麻はやはり遠い存在なのでしょうか?

本記事では、大麻の種にまつわる上記のような疑問を解説していきます。

大麻の種を買ったり持ったりしても逮捕されない?

種の所持は大麻取締法の処罰対象ではない

大麻取締法のおさらいになりますが、大麻草の全ての部分が取り締まり対象というわけではありません。

いわゆる有効成分の含まれていない種や茎の部分は明示的に除外されています。

ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。——大麻取締法第一条

従って、ただ大麻の種を持っているだけでは法には触れない…と申し上げたいところなのですが、必ずしもそうとは言い切れない部分もあるのです。

日本と大麻は歴史的に深い関係があります。前提知識として以下の記事を見ることをオススメします。

栽培の準備をすると未遂罪・予備罪の可能性

大麻の栽培は大麻取締法の処罰対象なので、発芽させてしまうとアウトなのは皆様もご存じかと思います。

では発芽さえしなければOKなのかというと、実はそうではありません。

未遂罪と予備罪も制定されているため、栽培の準備をしただけでも処罰されてしまう可能性があるのです。

ただ種を少量入手しただけで予備罪が成立するかは微妙なところですが、プランターやグローライトまで揃っているとかなり危ないかもしれません。

栽培目的で販売・譲渡すると幇助罪の可能性

また、栽培を目的とするような形で種を譲渡した場合、大麻栽培の幇助罪に問われる可能性があります。

国内で露骨に「大麻栽培用ですよ!」と言って売るような店はなかったと思われるのですが、それでも種を扱っていたヘッドショップが一斉に検挙されるということが実際に起きてしまい、現在ではそのような形で種を入手することは難しくなっています。

特に業として行うと麻薬特例法にも抵触するおそれがあり、世界の潮流に逆行して危険性はさらに増していると言うべきかもしれません。

大麻の種の入手


Logo of a seed bank in Amsterdam, by Anne Jea. CC-BY-SA-4.0

それでは、現在大麻の種はどのような経路で入手されているのでしょうか?

※本記事を書いているのは法律の専門家ではありませんし、発芽できる種の入手を推奨するつもりもありません。

海外通販

大麻の所持・栽培・使用などが合法となっている国では当然、大麻の種も当たり前のタネとして販売されています。

この時代ですので当然通販もやっていて世界中どこからでも注文できます。

発送された種は税関を通ることになるので、そこで見つかればそれなりに面倒なことになります。

外為法に基づく政令で大麻種子の輸入は許可制となっているので、関税法上の無許可輸入罪ということになるようです。

少量であれば放棄を求められて終わることが多いようではありますが、絶対そうという保証はありません。

旅行先からの持ち込み

自由な国からの帰り道に大麻の種をお持ち帰りになる方もいらっしゃるようです。

これについても法的な問題は通販と同様ですが、空港などの税関で直接チェックを受け、見つかると別室へご案内となりますので面倒なことになる可能性はより大きいと言えるでしょう。

自生しているものの収穫

今もなお日本各地の原野で大麻は自生しているので、当然ながら種も実ります。

種の所持自体は違法ではないので、きれいに種だけを収穫するぶんには基本的には法には触れません。

あくまで「基本的に」であって、うっかり種以外の部分がくっついていたり、種だけでも栽培目的が立証されたりすればアウトです。

ペットショップでの販売

ただ大麻の種が欲しいというのであれば、おそらく一番簡単なのはペットショップで買ってくることでしょう。

一袋に数千粒入って数百円です。

もちろん発芽しないよう加熱処理などが施されていますが、処理しすぎると鳥たちが食べなくなるとかで実際には発芽してしまう種も残っていることがあるようです。

この手で発芽させて見事に逮捕された人もいますので出来心は起こさないでくださいね。

食材としての入手

餌用ほどポピュラーではありませんが、人間用の食材としても流通しています。

七味唐辛子に入っているのが一番有名でしょう。

これを根気良く集めて捕まった人もいたようです。

唐辛子の専門店などに行くと麻の種だけの状態で手に入るかもしれません。Amazonでも販売されてます。

大麻の種の扱い方

大麻の種の保存

種を生きた状態で保存したいなら、光や湿気は避けて、冷暗所で保管するのが良いようでしょう。

光と水分があると発芽してしまいかねません。

アルミホイルやフィルムケースに入れて冷蔵庫がベストのようです。

大麻の種の発芽防止処置

もちろん皆様は発芽なんてさせるつもりは全くないでしょうから、そもそも発芽しないようにしてしまえば安心ですよね。

食材などとして出回っている大麻の種は、熱湯にくぐらせるか、紫外線を照射することで芽が出ぬよう「殺して」あります。

大麻の種の意外な使い道

大麻の種は効く?

大麻の種が「大麻」として効くかと言われれば、まあ合法で手に入るぐらいなので基本的には効きません

種にはTHCはほとんど含まれていませんからね。

もっともCBDは多少含まれているので、麻の実を大量に食べると人によってはほんの少しぼーっとぐらいはするかもしれません。

THCとCBDについての解説は以下の記事をご覧ください。

食材としての「麻の実」(おのみ)

入手のところでも触れましたが、大麻の種は「麻の実」(おのみ)という食材として古来より親しまれてきました。

七味唐辛子の「七味」の1つがこの麻の実で、特有の香ばしさがあります。

最近の安ものだと入っていないこともあるようですが、やっぱり少し物足りない感じがしますね。

完全合法で楽しめる大麻として、剥き身の種(ヘンプシード)をたっぷりとケーキなどに入れて楽しむのもいいですね。

漢方薬「麻子仁」

大麻の種は漢方薬としても利用されています。

漢方での名前は「麻子仁」(まにしん)で、ナチュラルで穏やかな便秘薬として処方されます。

滋養強壮の効果もあるようですね。オリエンタルCBDなのか、単に食材として優れているのかは分かりませんが…

言うまでもなく、種よりももっと良く効く部位があるのですが、こちらはやっと世界的に効果と市民権が認められはじめたばかりです。

小鳥の餌の定番

大麻の種は多くの鳥の大好物となっており、安価で栄養価が高くよく食べるのでこれだけ大麻の肩身の狭い日本でもどこのペットショップでも簡単に手に入るようになっています。

当局がいくら努力しても野生の大麻はなかなかなくならないのですが、その秘密の一端はこの「鳥は大麻の種が大好物」というところにあるのかもしれません。

まとめ:意外と身近な大麻の種

残念ながら現時点の日本では発芽できる大麻の種を持つことは危険ですし持つ意味もないのですが、大麻の種そのものは意外とあるところにはあるという感じで身近なところにもしっかりと根付いています。

一度ヘンプシードを食べてみると、七味唐辛子でも大麻の味をはっきりと認識できるようになって楽しいのでそんなところから合法に大麻に親しんでみてはいかがでしょうか?

日本ではTHCフリーのCBDオイルも合法です。

興味がある方は以下の記事も併せてご覧ください。

本記事が大麻を再考する機会になれば幸いです。

JAPANABIS編集部

JAPANABIS編集部

投稿一覧

JAPANABIS編集部です!大麻の知識、大麻の歴史、大麻の使用方法、世界の大麻情報を発信していきます。

AUTHOR