【注目記事】大麻を日本で1番わかりやすく解説!【大麻初心者向け】

【美容】ヘンプオイルの効能と使い方【モデルや芸能人も愛用】

HEMP
JAPANABIS > HEMP > 【美容】ヘンプオイルの効能と使い方【モデルや芸能人も愛用】
name
Cちゃん

最近ヘンプオイルが美容に良いってよく耳にするけど、本当かしら?

name
Tくん

ヘンプオイルが健康維持に良いというけど、具体的な効能は?

健康維持、美容効果があるとして注目されているヘンプオイル。

体の中から、そして、肌や髪、爪も美しく保ってくれるとして、ここ数年各国セレブの間で人気上昇中のアイテムです。

日本でも、美容への意識が高いとして知られる藤原紀香さん、押切もえさん、道端ジェシカさん、トリンドル玲奈さんらが愛用していることでも知られるオイルです。

この記事では、ヘンプオイルが美容や健康維持に良いと言われる理由、その効能と、日常生活に取り入れやすい使い方をご紹介します。

ヘンプオイルは大麻からとれる合法オイル

ヘンプオイルはヘンプシードオイルとも呼ばれます。

ヘンプは麻(大麻)、シードは種の意味で、麻の実から抽出されるオイルです。

未精製のものは緑色で透明、少しナッツ系の香りがします。

精製されると透明に近い色となります。

大麻草を原料としていますが種には幻覚を起こす成分は入っておらず、合法で売買されているオイルです。

おなじく大麻草からとれるオイルであるカンナビスオイルや、CBDオイルとは異なりますので注意してください。

CBDオイルとヘンプオイルの具体的な違いは、こちらの記事に詳しく書かれています。

また、CBDオイルについて詳しく知りたい場合は、こちらの記事が分かりやすいです。

ヘンプオイルの成分は?

ヘンプオイルは、ほかの食用オイルと比べて多価不飽和脂肪酸が多く含まれていることで知られています。

多価不飽和脂肪酸とは、人間が作り出すことができないにも関わらず生命活動に必要な脂肪酸である必須脂肪酸を含んでいるものです。

ヘンプオイルは、その脂質成分の80%が必須脂肪酸です。

これまでのところ、ヘンプオイルに含有されていることが分かっている必須脂肪酸は以下の4つです。

  • α-リノレン酸
  • ステアリドン酸
  • リノール酸
  • γ-リノレン酸

この中で、α-リノレン酸とリノール酸は狭義の必須脂肪酸で、人はこれらの脂肪酸を自分で作り出すことはできません。

しかし、α-リノレン酸とリノール酸は摂取すればいいというものではなく、バランスが大切です。

3:1の割合で取ることが大切なのですが、ヘンプオイルは、その黄金割合に非常に近い割合でこれらの必須脂肪酸が入っています

また、ステアドリン酸はα-リノレン酸から作りだせる広義の必須脂肪酸です。

ほかの食用オイルでこのステアドリン酸が入ったものはありません。

加えて、ヘンプオイルにはビタミンAやE 、食物繊維、ミネラルも含まれています。

参照:The American Oil Chemists’ Society; Hempseed oil in a nutshell, Table2

ヘンプオイルの効能

ヘンプオイルの効能は幅広く、摂取することでいくつものポジティブな効果があることを期待されています。

皮膚に働きかけるヘンプオイルの効能

皮膚など見えるところに働きかけるヘンプオイルは、健康だけでなく、美容もサポートしてくれます。

  • 酸化を防止してアンチエイジングの促進
  • 肌の再生機能をスムーズにして湿疹や炎症を抑える
  • 血行を促進して下肢静脈瘤などを防ぐ
  • アトピー性湿疹やアレルギーなどのかゆみを抑える
  • 乾燥を防ぎ肌のキメを整える

体の中に働きかけるヘンプオイルの効能

ヘンプオイルを摂取することで、体の中に必須脂肪酸を取り込みましょう。

以下のようなポジティブな影響が期待されます。

  • 高血圧の改善
  • 血中コレステロールの減少による動脈硬化の予防
  • 月経前症候群の改善
  • 生活習慣病の予防
  • 食物繊維によるお通じの改善

これらの他、心臓にも良い影響があるという結果が出ていますが、まだ動物実験の段階です。

脳に働きかけるヘンプオイルの効能

ヘンプオイルは、アルツハイマーやうつ病などに効果があるのではないかと期待されています。

すでにヘンプオイルの成分が脳を守ってくれるという結果がマウスでの研究で出ています。

しかし、人間にも効果があるのかについてはまだ証明されていません。

参照:Medical News Today, Healthline Media UK Ltd.

ヘンプオイルの価格も人気の理由

体に多くの良い影響をもたらしてくれるヘンプオイルが注目されるのは、その高い効能だけでなく、価格にも理由があります。

貴重な必須脂肪酸が詰まっているのに、ヘンプオイルの価格はお手頃。

産業用の大麻栽培が合法で、日本より手広く行える国からの輸入になりますので普通のクッキングオイルよりは割高になりますが、3,000円から4,000円を投資すれば、1か月分程度のヘンプオイルが購入できます。

日割りすると、一日100円程度ですね。

例えば、藤原紀香さんのブログから人気に火が付いたブランド「Hemp Foods Japan」のヘンプオイルのお値段を見てみましょう。

【レビューで最大10%OFFクーポン】有機麻の実油 250ml ヘンプシードオイル

上記は250mlで2,500円です。

藤原さんの友人であるトリンドル玲奈さん、押切もえさんも愛用しているようです。

「Hemp Foods Japan」の公式サイト

アンチエイジングの化粧品や、生活習慣病を防ぐ健康食品よりも、手軽にかつ経済的にトライできることも、ヘンプオイルの人気に一役買っています。

ヘンプオイルの使い方

ヘンプオイルにはどのように使用するのがベストなのでしょうか?

ヘンプオイルは、食べて摂取する方法(食用)と、塗って体に浸み込ませる摂取の方法(化粧用)があります。

食用と化粧用に精製度合いが分けられているので、使い方に合わせて適する方を選んでください。

一般的には食用のヘンプオイルの方が化粧用より安価です。

食べるヘンプオイル

食べてヘンプオイルを摂取する方法にはいろいろありますが、以下の食べ方が王道です。

ヘンプオイルを混ぜられる食べ物サラダドレッシング

スムージーやシェイク

ハマスなどのペースト、またはディップ

マヨネーズ

この他、おかずに直接かけたり、スプーンでそのまま口に入れて摂取する人もいます。

YouTubeにヘンプオイルを使ったドレッシングの作り方がアップされているので、参考にしてみてください。

摂取量の目安は、大人ならスプーン1~2杯を一日に一回です。

子供の場合は半分、ティースプーンで1~2杯にします。

赤ちゃんは離乳食中期以降に様子を見ながら与えてください。

離乳食が始まる前の赤ちゃんに与えるのは避けましょう。

塗るヘンプオイル

ヘンプオイルは、保湿剤やボディオイルの代わりに使うこともできます。

体へのヘンプオイルの使い方乳液やクリームに混ぜる

オイルパック

オイルパックはフェイスケアとしても、ヘアケアとしても可能です。

フェイスケアのやり方は、洗顔後の顔に薄くオイルを馴染ませ、蒸しタオルを乗せて3分後に優しくオイルをふき取るだけです。その後、化粧水と乳液で肌を整えます。

時間があれば蒸しタオルを乗せる間にオイルマッサージをしてあげましょう。

資生堂のYouTubeではフェイスマッサージの方法を紹介しています。

また、ヘンプオイルでヘアケアをするときは、洗顔後の濡れた髪にオイルを少量馴染ませ、ドライヤーで乾かします。

マッサージオイルとして体中に使いたいという場合は、食用のヘンプオイルで十分です。

赤ちゃんへのベビーマッサージのオイルとしても使えます。

ヘンプオイルの注意点

ヘンプオイルの成分は熱に弱く、酸化してしまうので食事と一緒に摂取する場合は、加熱しないようにしましょう。

そしてヘンプオイルでドレッシングを作る時などは、同じく酸化を防ぐために作り置きするのは避けます。

封を開けたあとのヘンプオイルは、早めに使い切ることがおすすめです。

使用する家族のサイズにあったヘンプオイルを購入するよう心がけましょう。

また、何事もやりすぎはよくない結果を呼びます。

ヘンプオイルは必須脂肪酸がべランスよく入っていますが、摂りすぎはよくありません

特にリノール酸は、料理に使う他のオイルなどにも含まれており、現代の食生活はリノール酸に摂りすぎている傾向にあります。

リノール酸の摂取量が多すぎると、アトピー性皮膚炎、心臓疾患などの原因となるので、一日スプーン1杯~2杯の摂取量は守りましょう。

ヘンプオイルは健康の維持と向上に役立つスーパーオイル!

ヘンプオイルは、安全に、そして経済的に健康の維持と向上を目指せるアイテムです。

血行が良くなったり、新陳代謝の向上によって肌のキメが整うために美容への効果もあり、まさに一石二鳥のスーパーオイルです。

一晩で効果が出るような製品ではないので、続けて摂取することが大事です。

興味を持ったら、決められた容量を守ってまずは1~2か月、試してみてください。

驚く効果を得ることができるかもしれません。

JAPANABIS編集部

JAPANABIS編集部

投稿一覧

JAPANABIS編集部です!大麻の知識、大麻の歴史、大麻の使用方法、世界の大麻情報を発信していきます。

AUTHOR