【注目記事】大麻を日本で1番わかりやすく解説!【大麻初心者向け】

ヘンプシードとヘンプシードオイルの効果を解説!【スーパーフード】

HEMP
JAPANABIS > HEMP > ヘンプシードとヘンプシードオイルの効果を解説!【スーパーフード】
name
Cちゃん

ヘンプシードが最近人気だけど、どうやって食べるの?

name
Tくん

ヘンプシードはどんな効果があると言われてるの?

本記事ではこのような疑問を解決します。

最近、たくさんの「種(シード)」の健康食品が話題となっていますが、あなたは「ヘンプシード」という食用のたねを試したことはありますか?

チアシード、フラックスシードなど、健康に良いと言われているシードは多くありますが、その中でも、栄養価が非常に優れているのがヘンプシードです。

ヘンプシードって何?

ヘンプシードとは大麻草(ヘンプ)の実(シード)です。

ヘンプは日本に縄文時代から存在し、稲、きび、小麦、粟などにならぶ、「八穀」の一つで、その繊維は生地として洋服として、または加工されて車や建築などに使用されるバイオプラスティックとして利用されたりしています。

ヘンプ繊維の用途についてもっと詳しく知りたい場合は、以下の記事も併せてご覧ください。

大麻草と聞くと、日本では違法である大麻と同じなので本当に合法?と思う人もいるかも知れません。

ヘンプシードは合法なので安心してください。

ヘンプシードを絞って抽出されたオイルがヘンプオイル(ヘンプオイル、ヘンプシードオイル)で、こちらも同じく合法です。

大麻草で大麻取締法の対象となっているものは、テトラヒドロカンナビノール(THC)という成分です。

大麻草で、この成分が含まれている箇所は花穂、葉、根であり、国内での栽培および加工、輸入などについては全般的に厳しく規制されています。

しかし、繊維が取れる茎と種にはTHCが含まれていないだけではなく、産業用として栽培されている大麻草はTHC濃度が0.3%以下となる品種に限定されています。

産業用としては、鳥の餌のなかに入っている大きめの丸い種が麻の実ですし、人間の食用としても七味唐辛子にヘンプシードは含まれています。

ヘンプシードを植えると大麻が育つ?

ヘンプシードは大麻草の種ですが、基本的には植えても大麻は育ちません

ヘンプはTHCの含有量が少なくなるように品種改良されていますし、ヘンプシードとして食用に販売されているものは発芽しないような処理がされています。

例えば、胚と別々にしてあったり、加熱処理されていたり、熱処理されていなくても殻が取り除かれています。

ただし、大量に植えたり水栽培を試みればいくつかは発芽する可能性はあります。

THCが少なくても発芽させた時点で大麻取締法の対象となりますので、日本国内などの大麻栽培が禁止されている国では注意が必要です。

合法国で認められてる範囲でやるのはいいと思いますが、違法国では絶対にやめましょう。

ヘンプシードは安全?中毒成分は入ってる?

ヘンプシードは安全に摂取できる健康食品ですし、中毒成分は入っていません。

アレルギーを引き起こす可能性も低く、乳製品やグルテンも入っていませんし、大豆アレルギーの人でも安全に摂取できます。

一度に大量のヘンプシードを摂取すると、食物繊維のために下痢を起こすことがあるので、お腹の弱い人、ナッツアレルギーがある場合は念のため少量からの摂取がおすすめです。

また、血液凝固剤(抗凝固剤)を服用している場合は薬の作用を促進してしまう可能性もあるので、掛かりつけの医師に相談してからの摂取をおすすめします。

アレルギーなどの心配がない場合は、妊娠中や授乳中の女性がヘンプシードを食べても大丈夫です。

また、少量であれば離乳食にも混ぜて使えます。

離乳食に混ぜる時は、赤ちゃんにナッツアレルギーがないかを確認し、より安全に摂取できるようにしましょう。

ヘンプシードには妊娠中や授乳中の女性に不足しがちな鉄分が豊富に含まれていますし、オメガ3系必須脂肪酸も含まれ、赤ちゃんの脳の発育を助けてくれると考えられています。

参考:Medical News Today

ヘンプシードに入っている栄養素は?

ヘンプシードには、人間の活動に必要なたくさんの栄養素が入っています。

上記で触れた鉄分もその一つで、ヘンプシードにはレバーの約7倍の鉄分が含まれています。

また、マグネシウムと亜鉛も含まれており、現代人に不足しがちなミネラル分をしっかりカバーしてくれます。

ヘンプシードの栄養成分で特に注目したいのが、必須アミノ酸と必須脂肪酸の含有量です。

必須アミノ酸とは、タンパク質を構成するアミノ酸のうち、体の中で生成できないため、食事などで摂取しなければならない種類のアミノ酸です。

必須アミノ酸にはイソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン(スレオニン)、トリプトファン、バリン、ヒスチジンの9種類がありますが、ヘンプシードにはこの9種類すべてが含まれています

また、同じく体内で生成できない栄養素に必須脂肪酸があります。

必須脂肪酸が不足すると、健康を維持することが難しくなるので、生きていくためにはとても重要な栄養素です。

ヘンプシードは、この必須脂肪酸であるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸を含んでいます。

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の両方を含む食物は数少なく、加えてこの2つはバランスよく摂取されることが大切です。

理想の割合は性別や年齢によって異なってきますが、世界保健機関(WHO)や厚生労働省が推奨するオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の割合は4:1から1:1。

ヘンプシードに含まれるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸とオメガ3の割合は4:1から3:1と、理想的なバランスで入っています。

参考:U.S. Department of Agriculture, Medical News Today, 農林水産省

ヘンプシードの効能

ヘンプシードの効能は多岐にわたりますので、含有成分ごとに効能をまとめました。

鉄、亜鉛、マグネシウムなどミネラルの働き・血圧、血糖値を抑える
・コレステロールを下げる
・骨や歯の形成
・肌の新陳代謝を高める
必須アミノ酸9種類の働き・肝機能向上、脂肪肝の予防
・抗うつ効果、精神安定
・筋肉強化
・鎮痛作用
・体組織の修復
・成長促進
必須脂肪酸、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の働き・炎症を抑える
・不整脈を整える
・メタボリック症候群を防ぐ
・体脂肪を燃やす
・2型糖尿病を防ぐ
・にきびなどを抑え、皮膚の状態を整える

上記のほか、食物繊維が腸の動きを整えてくれる働きもあり、ヘンプシードは健康作りにも美容にも、ダイエットにも役立つといえるでしょう。

参考:Healthline Media

ヘンプシードを選ぶ時はどこに気を付けたらいい?

ヘンプシードを購入する際は、できるだけ有機栽培のものをおすすめします。

種なので新鮮かどうかについてはあまり神経質になる必要はありませんが、消費期限はあります。

ただし、販売会社によっては凍らせて保存することが出来る商品を出しているので、消費期限が近くなったら冷凍庫に入れて消費期限を延ばすことも可能です。

例えば、以下のヘンプシード販売店は非常に人気があります。

【ヘンプフーズジャパン】

雑誌『anan.』の「体内美容レシピ」号など、多くの女性誌で取り上げられた商品を送り出しているのがヘンプフーズジャパンです。

ヘンプシードは主にオーストラリア産のヘンプシードナッツ(有機麻の実ナッツ)販売しています。

公式サイトはこちら

【ヘンプキッチン】

カナダで作られた良質のヘンプからとれる種のみを使用したヘンプキッチンのヘンプシード。

世界に先駆けて有機JAS認証を取得、食品安全マネジメントの国際基準であるFSSC22000も取得しています。

公式サイトはこちら

ヘンプシードの摂取の仕方

ヘンプシードは柔らかいので水に浸すなどの必要がなく、そのまま食べることが可能です。

食品や料理にふりかけたり、混ぜたりする人も多いです。

以下では、ヘンプシードの人気の食べ方をご紹介します。

  • サラダにかける
  • シリアルに混ぜる
  • ヨーグルトに混ぜる
  • ご飯にふりかけ代わりにかける
  • 納豆に混ぜる
  • きんぴらごぼうなどにゴマの代わりに混ぜる
  • 味噌汁にいれる

ヘンプシードはクルミのような味で、和食にもよく合います

きんぴらやインゲンの和え物にゴマの代わりにヘンプシードを使うと大変香ばしく仕上がります。

ほうれん草のお浸しなどに使ってもおいしいですが、ちょっとカサカサとする口当たりとなるので、茹でても固めの野菜を使った和え物に合わせるほうが良いかと思います。

また、味噌汁などの汁物に入れるとコクが出て美味しくいただけます。

摂取量の目安

どんなに良い栄養素が入っていても、摂取しすぎると体に害となってしまいます。

ヘンプシードの摂取の目安は、一日スプーン大さじ2杯から3杯、約20g~30g

これだけの摂取量で、成人が1日に摂取することが勧められているミネラル摂取量がカバーできます。

カロリーが高めなので、気になる方は軽く盛って1杯から始めても良いと思います。

ヘンプシードの効能を享受するために最も大切なことは、量を摂取する事ではなく毎日続けることです。

まとめ:健康には欠かせない栄養素が詰まったスーパーフード

私たちが健康的な生活を送るために必要な栄養素をたっぷり含み、かつアレルギー反応なども非常に少ないヘンプシードはスーパーフードです。

筋力が衰えてきたと思ったり、メタボリック症候群を防ぎたい男性、鉄分を補いたい女性、成長過程の体にカルシウムを取り入れたい成長期のお子さんなど、家族全員の毎日の食事に取り入れたい食品ですね。

みなさんも是非一度騙されたと思って試してみてください。

本記事が大麻を再考する機会になれば幸いです。

JAPANABIS編集部

JAPANABIS編集部

投稿一覧

JAPANABIS編集部です!大麻の知識、大麻の歴史、大麻の使用方法、世界の大麻情報を発信していきます。

AUTHOR