【注目記事】大麻を日本で1番わかりやすく解説!【大麻初心者向け】

大麻を日本に密輸している人たちの手口とは?【國母和宏】

COLUMN
JAPANABIS > COLUMN > 大麻を日本に密輸している人たちの手口とは?【國母和宏】
name
Tくん

よくニュースで見るけど「大麻」ってどこから手に入れてるの?

name
Cちゃん

よく逮捕されているけどその後はどうなっているの?

本記事では読者のこのような疑問を解決します。

話題の「國母和宏」さんの逮捕ニュースの影響もあり気になる方が多いと思います。

大麻メディアを運営している編集部の筆者が自身の知識を踏まえつつ、本記事では以下のことを解説します。

  • 大麻の密輸手口が気になる
  • 逮捕された場合の罪状について

本記事をご覧いただければ、大麻がどのように密輸されているのか、逮捕されたらどのような罪に問われるのかを知ることができます。

大麻の密輸の知られざる手口を5つ紹介

大麻を密輸する手口は、非常に巧妙で税関でも見つけられないものが増えています。

この章では大麻の密輸でよく使われている手口を5つ紹介していきます。

密輸をしている犯罪者はいったいどのような手口で密輸しているのでしょうか。

食べ物に混入させる

大麻の密輸手口として食べ物に混入させる手口が税関で摘発されています。

具体的な大麻の密輸の流れとしては‥

  • SNSで薬物を販売している海外アカウントを見つける
  • 大麻成分を含むチョコレートやスナック菓子などの洋菓子を注文する
  • 航空貨物で自宅に届くように手配

となっています。

主に郵送物の検査による大麻密輸の摘発が多い傾向にあるそうです。

日用品や食品ケースに隠す

大麻の密輸手口として日用品や食品ケースに隠す手口が税関で摘発されています。

日用品や食品ケースに隠すのは、もっとも多く摘発されている大麻の密輸手口であり、最近では大麻の匂いを消すケースなどが出回っており、稀に麻薬探知犬が見逃してしまう事例も起きているそうです。

ろうそくの中に隠す

大麻の密輸手口としてろうそくの中に隠す手口が税関で摘発されています。

大麻を混入させたろうそくは、樹枝状大麻と言われており乾燥大麻や自生大麻のような独特の臭いがなく、税関に気づかれにくいと問題視されているそうです。

最近では利用者が急増している電子たばこに混入させる事例も発生しており、今後、税関での電子たばこの麻薬チェックが厳しくなると予想されています。

機械の中に隠す

大麻の密輸手口として機械の中に手口が税関で摘発されています。

主にパソコンやスマートフォンに大麻を隠して密輸する手口が多く、スマートフォンの普及にともなって機械の中に混入する件数が比例して増加傾向にあるそうです。

この機械の中に隠す手口は匂いは完全には消せないので麻薬探知犬の検査で簡単に発見することが出来ます。

種を密輸する

大麻の密輸手口として種を密輸する手口が税関で摘発されています。

大麻の海外からの持ち込みは法律で禁止されていますが、大麻の種の場合は税関で発見されても悪質と判断されなかった場合、数年前はその場で所有権を破棄することで罰金を科せられたり、罪に問われたりすることはありませんでした。

最近では大麻取締法で検挙された件数が急増したこともあり、財務省関税局は大麻および大麻の種の取締を強化しました。

なので、今後財務省関税局は大麻の種の持ち込みに対して、悪質でなくても罰金を科したり検察に告発するなど、より一層厳しく対応していく方針だそうです。

逮捕された場合の罪状について【國母さんの罪状も解説】


この章では麻薬の密輸で逮捕された場合の詳しい罪状と、懲役、執行猶予の期間について解説しつつ、大麻の密輸により逮捕された、國母さんの罪状についてもあわせてご紹介していきます。

大麻取締法違反

大麻取締違反とは大麻取締法という法律を違反することを言います。

大麻取締法とは大麻に関して所持、譲渡、譲受、栽培をすることを禁止しており、注目するポイントとして使用は禁止されていません。

なので大麻を使用して逮捕されるわけではなく、あくまで大麻の所持で大麻取締法違反になるわけです。

関税法違反

関税法違反とは関税法という法律を違反することを言います。

関税法とは許可なく大麻などの薬物を輸出入する行為を禁止しており、海外からネットで大麻を注文した場合はこちらの法律で逮捕されることになります。

また、関税を偽りや不正行為などによって検査を免れる行為も関税法違反に該当します。

懲役と執行猶予の期間について

大麻取締法違反と関税法違反の懲役と執行猶予の期間を比較して解説していきます。

大麻取締法違反

懲役期間について:個人使用目的の場合は5〜7年の懲役、営利目的の場合は刑罰がもう少し重くなります。
執行猶予について:3年以下の懲役の判決であれば3〜4年の執行猶予が付きます。

関税法違反

懲役期間について:3〜5年の懲役
執行猶予について:容疑者の反省態度で変動しますがおおよそ3〜4年

國母さんは大麻取締法違反で逮捕

國母さんは大麻を営利目的で大量に購入しており、大麻所持なので大麻取締法違反になります。

営利目的の場合は個人使用より罪が重くなるので 、7年以下の懲役及び200万円以下の罰金(同法第24条の2第2項)が科せられることが予想されます。

営利目的で大麻を所持していたという報道に、驚きとショックを受けたファンも多いことだと思います。

ちなみに海外では大麻の合法化が進んでいるので、近い未来に日本でも大麻を合法化する日が来るかもしれません。

まとめ:大麻の密輸手口と逮捕された場合の罪状

いかがだったでしょうか?

本記事では、大麻の密輸の手口と逮捕された場合の罪状について解説しました。

このページのポイントは以下のとおりです。

大麻の密輸手口は

  • 食べ物に混入させる手口
  • 日用品や食品ケースに隠す手口
  • ろうそくの中に隠す手口
  • 機械の中に隠す手口
  • 種を密輸する手口

逮捕された場合の罪状は

  • 大麻取締法違反と関税法違反
  • 大麻取締方違反の懲役は5〜7年、執行猶予は3年、関税法違反の懲役は3〜5年、執行猶予は
    3〜4年
  • 國母さんは大量の大麻購入で大麻取締方違反

大麻の密輸による検挙件数は年々増え続けており、関税による取締もより一層厳しくなると予想されます。

大麻の密輸は普段だとまったく縁のない話ですが、今回の國母さんの麻薬取締法違反による逮捕ニュースをきっかけにし、大麻に対する良識をつけることで、将来的に誘われたとしてもきっぱりと断れる準備をすることが大切です。

また大麻に関連した法律を勉強することで、麻薬に対する危機感を得ることが出来るので少しでも興味がある方はぜひ勉強してみてください。

世界的には合法化が進んでおり、近い将来日本でも合法化される日が来るかもしれないので大麻に対する知識は将来、日本で生活する上で必須になると考えています。

大麻に関してもっと詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。

本記事が大麻を再考する機会になれば幸いです。

JAPANABIS編集部

JAPANABIS編集部

投稿一覧

JAPANABIS編集部です!大麻の知識、大麻の歴史、大麻の使用方法、世界の大麻情報を発信していきます。

AUTHOR