【注目記事】大麻を日本で1番わかりやすく解説!【大麻初心者向け】

【PMS】女性が大麻を使用する7つのメリット

COLUMN
JAPANABIS > COLUMN > 【PMS】女性が大麻を使用する7つのメリット
name
Cちゃん

女の子が大麻を吸うメリットでどんなものがあるんだろう?

name
Tくん

大麻って女の子の日にも効果があるって聞いたけど本当?

本記事ではこのような疑問を解決していきます。

女が大麻を吸うメリット

大麻を吸う女性を「アウトローでセクシー」と感じる男性は少なくありません。

それだけでもメリットになるかもしれませんが、女性が大麻を吸うメリットは他にも研究からわかった多くのメリットが存在します。

美肌効果

大麻に含まれるカンナビノイドの1つである「カンナビジオール(CBD)」は抗酸化・抗炎症効果を持つことが研究でわかっています。

ちなみに日本ではTHCは違法ですが、CBDは一部合法です。

詳細は以下のページをご覧ください。

Probing the antioxidant activity of Δ9-tetrahydrocannabinol and cannabidiol in Cannabis sativa extracts

抗炎症は知っている方が多いと思いますが、抗酸化効果とは酸素が酸化して(活性酸素になって)、体の健康な細胞を傷つけるのを防ぐ効果です。

CBDの抗炎症作用がニキビをできにくくし、抗酸化作用が肌を活性酸素から守ってくれるため、美肌が保たれます。

2018年に大麻(医療大麻)を解禁する州が増えたアメリカではCBDを用いた外用美容製品を製造するスタートアップ企業が増加しました。

CBDは日本でも合法の成分のため、今後はCBDを利用した化粧品が国内外で販売される可能性があります。

PMS軽減効果

毎月来る辛いPMS。

ピルは副作用が出てしまい飲むことができなくて、どうしようもなく苦しんでいる。そんな女性にも、大麻が有効です。

PMSの症状には様々な物がありますが、多くの女性が悩んでいるのは、気分のムラや不安の高まり、イライラなどの精神的な問題と、子宮筋の痙攣や過剰収縮による下腹部の痛みなどの症状です。

それらの症状を大麻が緩和してくれるという研究があります。

大麻のTHCとCBDの2つの成分は共に、精神的ストレスを和らげ、子宮筋の弛緩させます。

その結果PMSが和らぐという仕組みです。

なおPMS軽減のためには、CBDを摂取するのみでも十分で、「ハイ」になる必要はありません。

ストレス緩和効果

ライフステージの多様化や人間関係の多さ、月経などが原因で、女性は日々男性よりも多くのストレスを受けているという調査結果があります。

もし日々ストレスを受けているのであば、大麻が解決策になってくれるかもしれません。

ここまで何度か触れてきましたがTHCとCBDには精神的ストレスを緩和する作用があります。

うつ病患者を対象にした研究では、大麻を使用した患者の89%は、症状の改善を経験したようです。

Study shows that cannabis combats stress, anxiety and depression

しばしばストレス緩和のためにアルコールやタバコに頼ってしまう人がいますが、アルコールやタバコに頼るくらいであれば、大麻に頼った方がずっと健康的です。

ただ、THCは逆に不安を増大させてしまうことがあること、10代での大麻使用は将来的なうつ病のリスクを高めてしまうことには注意が必要です。

不眠解消効果

日本の一般人口を対象に行われた疫学調査によれば、20%以上の方が不眠を訴えているようです。

なかなか寝付けなかったり、夜の寝つきが悪いせいで日中眠くなってしまうという人は多いかもしれません。

そんな不眠障害にも大麻が役立つ可能性が指摘されています。

2008年の研究によると、THCはレム睡眠の量が減少することわかっています。

レム睡眠とは身体は休息状態にあるものの、脳が覚醒状態にある睡眠のことです。

そしてレム睡眠の量が減ることで、身体も脳も休息状態であるノンレム睡眠の量が増えます。

つまりぐっすり眠っている時間が増えるということです。その結果、不眠障害が緩和されます。

肥満防止効果

大麻は食欲増進効果が有名のため、「肥満防止効果なんて本当にあるの?」と思われる方もいるかもしれません。

たしかに大麻の「ハイ」になる原因となるTHCという成分には食欲増進効果があるため、ダイエットには向きません。太ってしまうことも多いようです。

しかし、大麻にはTHCやCBDの他にテトラヒドロカンナビビリン(THCV)と呼ばれるカンナビノイドが含まれており、THCVが食欲抑制剤として機能します。

他の奢侈品の代替効果

日本ではタバコやアルコールが合法な一方で、大麻は違法とされているため、大麻は健康被害が大きいというイメージを持っている人が多いです。

しかし実際には、大麻の方がタバコやアルコールよりも依存性や健康への悪影響が小さいということが研究でわかっています。

大麻に健康への悪影響がないと言えば嘘になりますが、タバコやアルコールを常用するよりは、よっぽど健康的です。

性行為の満足度の向上効果

大麻を利用することで性行為の満足度が向上することもわかっています。

大麻使用者の女性に対する調査の結果、68%の女性が性行為全体の満足度が上がったと答え、60%が性欲が増加したと答え、53%がオーガズムが増加したと答えました。

直接的な原因は解明されていませんが、CBDとTHCが性交痛を減らすと同時によりリラックスした状態での性行為を可能にし、より満足度が高くなり、オーガズムにも達しやすくなったのでしょう。

まとめ:女性自身もその彼氏もハッピーに

女性は美肌効果やPMS軽減効果、肥満防止効果が期待できるほか、イライラしにくくなったり、性行為の満足度が上がりオーガズムに達しやすくなります。

そのため自分自身も彼氏も幸せになれるかもしれませんね。

当然日本ではTHCは違法なので、CBDで大麻を楽しみましょう。

最新の大麻解禁国については以下の記事を参考にしてください。

本記事が大麻を再考する機会になれば幸いです。

JAPANABIS編集部

JAPANABIS編集部

投稿一覧

JAPANABIS編集部です!大麻の知識、大麻の歴史、大麻の使用方法、世界の大麻情報を発信していきます。

AUTHOR